科学を身近に

テキストや図鑑を見るとまだまだ知らない物質の性質や

現象を知ることができます。

でももっと知りたい!そんなときは、自分の周囲にある

物質に触れたり、現象を観察したりすることから発見が

始まります。  こんな経験の1つ1つの積み重ねが次

へ活かせます。 まずはあなたのそばにある科学を感じ

て!

   科学を使う

 科学とは、学問的には生物や化学、物理分野を学ぶイ

メージがあり難しく感じますね。

しかし学ぶだけではもったいない。これを多いに活用して

こそ意義を感じます。そして活用から心地よい生活をでき

るよう考えてみましょう。

毎日の生活が変わると思いますよ。

  科学と環境


日本においてもゴミ処理方法が数十年前と比較し

て大きく変わりました。魚1匹を買う際も新聞紙

からプラスチックトレーに変化し、このトレーを

どう処理するか、再利用の方法も考えて、私たち

はゴミ分別処理を行っています。廃棄されるゴミ

の量、燃焼の際の二酸化炭素量など後世の環境や

水中生物の生態系も私たちはしっかりと考えてい

くべきだと思います。

  科学とスポーツ


科学とスポーツも密接な関係です。

試合でよい結果を出すためにはどうすればよい

か。身体の調整をどうすればよいか、アスリート

は1番にこの点を考えます。試合の日に自分の身

体を最高の状態にしておく、そのためのトレー

ニングをどのようない行うべきか、休息の取り

方、疲労を残さないための身体作りに必要な栄

養素は何か。科学はすべての分析に大きく関係し

ています。


  科学と健康


私たちは住んでいる環境によって、身体の状態も

大きく違います。平地での生活と高地での生活、

熱帯での生活と寒冷地での生活、乾燥地域と湿地

帯など同一国内においてもこれらの違いはとても

大きいです。その環境の違いから、食する物も異

なるので身体に含まれる物質の濃度も違ってきま

す。そうした中で、私たちはより健康で快適な生

活をするために、何が必要で、どうすればよいか

を考えます。これがまさに科学的思考による健康

への過程ですね。



チャリティの内容

進行中のプロジェクト
 

準備完了!!

2020年07月01日

みなさまお久しぶりです。いろいろな動きによって少々立ち止まっておりました。その間、さまざまな実験道具を仕入れ準備はほぼ完了!と言いたいところです。 まだトンガ王国が渡航を認めておりません。もう少しお待ちください。

御礼

2020年01月18日

2019年11月19日から2020年1月17日まで、トンガ・ババウ島にScienceHouseを作るため



最新ニュース

ミッションを共有しませんか